読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふぁみりーぱーてぃー☆

主婦の 自由 気ままな ライフスタイル☆育児のこと グルメのこと 映画やマンガのこと☆

赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれなかった日々を抜け出せたのは、根気強く気長に頑張ったから。

いまだに卒乳できていない、おっぱい大好き星人の息子は可愛い顔をしてすやすや寝ています。w
今ではおっぱい大好きですが、産まれてからの約1ヶ月半、おっぱいを直接吸ってくれなくて大変でした。

 

「なんで吸ってくれないの?」「どうすれば吸ってくれるの?」と、とても悩みつらかったです。

母乳はたくさん出るのに赤ちゃんは吸ってくれない。でも哺乳瓶でなら飲んでくれるんです。
それがまたつらかった・・

 

搾乳してそれを哺乳瓶で飲ませていましたが、その作業がとても大変でした。
新生児の時は2~3時間置きに授乳します。
搾乳して哺乳瓶で飲ませ、飲み終わったら搾乳器と哺乳瓶を洗い消毒します。
その間にも家事をしているので、すぐに次の授乳時間になります。

 

授乳することはとても体力を使います。授乳で消費するカロリーは1日で700~800カロリーだそうです。
これはヘトヘトになりますわ!w
なので私は母乳と粉ミルクの混合でした。

産む前は完母で育てるぞ!と意気込んでいましたが、

主人は仕事でほとんど家にいなくて、私ひとりでの育児に家事にだったので、
体力が奪われる完母は即諦めました!w
睡眠不足にもなりますからね。育児は無理をしたら絶対にいけません。


助産師の友達に相談をしたら、授乳の体勢をいろいろ試してみるといいかもしれないと言われたのでやってみました。
一般的なのが、横抱きでの授乳。他には縦抱き。フットボール抱き。斜め抱き。


これらの抱き方で試してみたんですが・・どの抱き方でも息子は乳首を吸ってはくれませんでした。

 

そもそもなぜ赤ちゃんは乳首を吸ってくれないのか?

この理由を知ることがとても大切です。

それによって対処の仕方が変わりますからね。

 

赤ちゃんが乳首を吸ってくれない原因

  1. 乳頭混乱を起こしている。
    哺乳瓶の乳首に慣れてしまい、おっぱいの乳首をうまく吸えなくなってしまっている状態。
  2. 乳首の位置と赤ちゃんの口の位置がうまく合っていない。
  3. 乳首が固い、または乳首が短い為に吸いにくい。
  4. 母乳の出が悪い

主にこの4つの原因で赤ちゃんが乳首を吸ってくれません。

うちの息子は、1の乳頭混乱と3の乳首が短いが原因でした。

この問題を解決する為に役に立ったアイテムがあるので紹介します。

 

役に立ったアイテム

乳頭吸引器

www.amazon.co.jp

 

乳頭保護器授乳用ソフトMサイズ

www.amazon.co.jp

 

コンタクトニップルシールドMサイズ

www.amazon.co.jp

 

この3つのアイテムはとても役に立ちました。

ただ、これを使ったらすぐに赤ちゃんが乳首を吸えるようにはなりません。

ブログタイトルにも書きましたが、吸ってもらえるようになるには根気強く気長に頑張ることが必要です。

 

私の場合は乳首が短いので、乳首吸引器で吸って乳首を出したり、マッサージをしました。

マッサージをすると母乳の出もよくなるので、乳首が短くなくてもやってみることをおすすめします。

 

乳頭保護器、ニップルシールドの本来の使い方は、傷ついたり痛みがある乳首を保護しながら授乳することができるというものですが、

私は哺乳瓶の乳首への慣れをなくす為に使いました。

直接だと乳首を吸ってくれないので、シリコン製の保護器をつけての授乳をしてみたところ、数回試して吸ってくれるようになりました!

でも、まだすぐにはたくさん吸ってはくれないので、少しずつ焦らず試していきます。

 

保護器での授乳を嫌がらずになってきたら、保護器を外して直接乳首での授乳を試してみます。

 すると・・

 

吸ってくれる!!

 

ちゃんとママの乳首を吸って母乳を飲んでくれてる!!

 

と、喜んだつかの間、やっぱりいやだ~って泣き出しました。w

 

でも、ほんのわずかの時間だけでも直接乳首を吸ってくれたことは、私にとっては大きな進歩でした。

 

あとは同じことを何度も何度も繰り返していきます。

本当に大変ですし、精神的にも疲れてしまう時もあります。

なので頑張り過ぎないで、ちゃんと休みながら気長に根気よく頑張っていくこと。

 

そして1ヶ月半後、息子は保護器もなしで直接乳首を吸って母乳をたくさん飲んでくれるようになりました。

この時は本当に嬉しかったです!!諦めないで頑張ってよかったなと思いました。

 

赤ちゃんに直接おっぱいを吸ってもらう為に必ずすること

何よりもおっぱいに慣れさせることが大事です!

授乳する時には必ず最初に赤ちゃんの口に乳首を触れさせてください。

母乳を少し出して口に当ててみるといいですよ。

たとえ吸わなくても、毎回そうすることで赤ちゃんは少しずつ乳首に慣れていきます。

もし赤ちゃんが嫌がる場合はすぐにやめることも大事です。

 

もし頑張りたいと思っているママがいたら、ママも赤ちゃんも無理はせずにゆっくりと一緒に頑張っていきましょう。

 

 

まだまだブログを書くことに慣れないのでうまくまとめることができませんでしたが・・w

 

子育てってのは本当大変ですけど楽しいし幸せです☆